インスリンの副作用はある?症状は?

インスリンにはどのような副作用があるのかについてお話をしていきたいと思います。インスリンというのは、血管神経性浮腫やアナフィラキシーショック、低血糖といった無視できない副作用が存在しています。

インスリンというのは、血糖値を低下させるためのホルモンになっているのですが、このインスリンをが多すぎてしまうと、血糖値が低下して低血糖を引き起こしてしまう場合もあります。

また、インスリンに対して拒絶反応を起こし、発疹や血圧の低下、呼吸困難といったアナフィラキシーショックが起きてしまう場合もあるのです。そして、一部のみ、または全身に浮腫が生じてしまうのが、血管神経性浮腫となっています。

なお、血管神経性浮腫が口内にできてしまった場合、気道が狭くなってしまって、呼吸困難の症状が現れるという場合もあります。このような副作用のほかにも、吐き気やおう吐、食欲の低下、肝機能障害、過敏症などといった症状が現れる場合もあります。

インスリンを投与して治療を行っていく場合、適切な医療をしてもらうようにしなくてはならないのです。また、他の薬を服用する場合、必ず先に医師に相談して飲み合わせに問題はないかを確認しましょう。

まだ糖尿病になっていない予備軍の方はこちらの糖尿病の初期症状と対策・予防する方法【脱糖尿病予備軍】というサイトをご参考ください。


[PR]
by lovehantom11 | 2015-06-01 22:53
インスリン注射を行う際の注意点 >>