<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

インスリンの副作用はある?症状は?

インスリンにはどのような副作用があるのかについてお話をしていきたいと思います。インスリンというのは、血管神経性浮腫やアナフィラキシーショック、低血糖といった無視できない副作用が存在しています。

インスリンというのは、血糖値を低下させるためのホルモンになっているのですが、このインスリンをが多すぎてしまうと、血糖値が低下して低血糖を引き起こしてしまう場合もあります。

また、インスリンに対して拒絶反応を起こし、発疹や血圧の低下、呼吸困難といったアナフィラキシーショックが起きてしまう場合もあるのです。そして、一部のみ、または全身に浮腫が生じてしまうのが、血管神経性浮腫となっています。

なお、血管神経性浮腫が口内にできてしまった場合、気道が狭くなってしまって、呼吸困難の症状が現れるという場合もあります。このような副作用のほかにも、吐き気やおう吐、食欲の低下、肝機能障害、過敏症などといった症状が現れる場合もあります。

インスリンを投与して治療を行っていく場合、適切な医療をしてもらうようにしなくてはならないのです。また、他の薬を服用する場合、必ず先に医師に相談して飲み合わせに問題はないかを確認しましょう。

まだ糖尿病になっていない予備軍の方はこちらの糖尿病の初期症状と対策・予防する方法【脱糖尿病予備軍】というサイトをご参考ください。


[PR]
by lovehantom11 | 2015-06-01 22:53

インスリン注射を行う際の注意点

インスリン療法をする際には、注射を自分で打つようにしなくてはなりません。インスリン注射をする際には、皮下脂肪と一緒に腹部の皮膚をつまんでから、注射をするようにしましょう。このようにすることで、皮下組織に注射をすることができるようになりますから、思っていたような痛みを感じることはないでしょう。

まだ、インスリン注射をしたことがない人の中にはお腹に注射をするのは怖いと感じる人もいるかもしれません。ですが、実際にしてみると、思ったよりも簡単にすることができるでしょう。

少しでもスムーズに注射をしたいと考えているのであれば、注射針は45度から90度くらいの角度で刺すといいでしょう。皮下脂肪があまりないのであれば45度、そして皮下脂肪が結構あるのであれば90度くらいの角度で行いましょう。

腹部以外にも、太ももや二の腕もインスリン注射をすることはできるのですが、自分の手で二の腕をつまみながら注射をするというのは簡単なことではありません。ですから、腹部に注射をするのは怖いのであれば、太ももに注射をするようにしたほうがいいかもしれません。

なお、どの部位に注射をするにしても、同じ場所に注射を何度も注射しないようにしましょう。大体、3cmくらい移動してから注射をするようにしてください。また、実際に注射をする前に、実際に注射針からインスリンが出るかから内をして確認後に打つようにしましょう。


[PR]
by lovehantom11 | 2015-06-01 22:50

インスリン製剤の種類をまとめました。

インスリン療法として用いられているインスリン製剤というのは1種類しかないというわけではありません。作用の継続時間や、ピークに達するまでの時間、インスリンの作用が現れるまでにかかる時間などといった条件で分類されることになります。

インスリン製剤を種類で分けると持効型や持続型、混合型、中間型、即効型、超速効型などがあります。まず超速効型として、ヒューマログやノボラピットがあります。超速効型というのは、3時間から5時間ほど持続し、ピークに至るまでが50分から1時間半、作用が現れるまでにかかる時間が10分から40分程度となっています。

次に、即効型として、ヒューマカートRやノボレットR、ペンフイルRなどがあります。速攻型は6時間から8時間ほど持続され、ピークに至るまでが1時間から3時間ほど、作用が現れるまでの時間が30分から1時間ほどとなっています。

持効型の場合は、ピークに至るまでの期間は明確になっていないのですが、効果が続く時間は24時間ととても長くなっています。そして、混合型は18時間から24時間効果が続き、ピークが2時間から10時間ほど続きます。

中間型の場合も持続時間は18時間から24時間となっており、ピーク時間は8時間から10時間、作用をもたらすまでにかかる時間は1時間から3時間ほどとなっています。そして、最後に持続型は持続時間が24時間から28時間ほど、ピーク時間は8時間から24時間と長く作用を維持することができるのですが、作用が現れるまでに4時間から6時間ほどかかります。

インスリン製剤でも、種類によってこのように大きく異なっており、その人の症状に合わせて投与をすることになります。


[PR]
by lovehantom11 | 2015-06-01 22:49